メニュー

当院の特徴

当院の特色は、内科的疾患と外科・整形的疾患の両方の診療を行っていることです。

内科的疾患では、胃腸などの消化器疾患を中心に診断治療を行っています。近年若い世代にも徐々に増加している逆流性食道炎や胃潰瘍の診断に内視鏡検査(胃カメラ)は欠かせません。当院では細径(5.9㎜)内視鏡による経鼻内視鏡検査を行っており、従来よりも内視鏡検査がずっと楽になったと患者さんに喜ばれています。また、腹部エコー検査で胆石や肝疾患の有無もチェックしています。

  外科・整形的疾患では、肩、腰、膝といった運動器官を中心に診断治療を行っています。関節等の痛みが維持すると、日常生活の活性化が低下し、高齢者では寝たきりにつながりかねません。リハビリテーション、関節注射、ブロック注射、投薬などで痛みから解放し、衰えた筋力を回復して頂き、生き生きとした生活を取り戻せますよう診療に励んでいます。

また、かかりつけ医として地域医療に少しでも貢献出来るよう、在宅医療に積極的に取り組んでいます。寝たきりや準寝たきり患者さんへの定期的な訪問診療、或いは急な体調不良で来院が困難な方への往診も行っております。

診療内容

胃腸科

食道、胃、十二指腸、肝臓、胆のう、胆管、すい臓、大腸の病気など

整形外科

変性疾患:変形性関節症、関節リウマチなどの関節変性疾患に対し、治療を行なっています。

脊椎疾患:腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、などの脊椎疾患に対し、治療を行なっています。

  • リハビリテーション科
  • 在宅医療(往診・訪問診療)
  • 禁煙外来
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME