メニュー

スタッフブログ

いまさら聞けないシリーズ⑭ (HDLコレステロールその4)(2021.10.28更新)

HDL-コレステロールが低い(40MG/DL 未満)場合、気にしなくてはいけない病気は…?
まず HDL-コレステロールが低いと、動脈硬化性疾患になりやすいと⾔われています。
HDL-コレステロール値の低下に伴い冠動脈疾患の発症率が上昇し、特に 40mg/dL 未満になると冠動脈疾患の発症の危険性が急に上昇します。HDLとLDLのバランスが重要です。コレステロール値が高めでもHDL値が高く、LDL値が低めなら問題がありません。逆の場合は、将来狭心症や心筋梗塞などの病気を招く危険性が高いので注意しましょう。
(次回からは、白血球についてのお話です…。)

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME